インフォメーション

2021-11-26 14:00:00

吸角・カッピング療法 ※準備中

◎吸角療法とは

ほかに吸玉療法や抜缶、カッピングとも呼ばれている療法で、陰圧(吸う力)を利用し体調の改善を目指すものです。歴史も長く千年以上にわたり行われています。

61FC4A66-125E-43FB-BD2A-484F5E50D485.jpeg

○期待できる効能として

  • 鎮痛効果
  • 免疫力の向上
  • 皮膚の若さを保つ
  • 組織構造の調整(癒着の軽減、関節機能の活動促進)
  • 排膿作用
  • 自律神経の調整
  • 解毒排泄作用(デトックス効果)
  • 内臓機能の向上など

○こんな方にオススメです!

肩凝り・背中痛

腰痛(筋、筋膜性のもの)

頭痛

冷え性・むくみ

慢性疲労

不眠や消化器症状など

 

◎当院では特に吸角の陰圧を利用して筋・筋膜(筋肉を包む袋)の癒着を剥がし、体の動きを引き出していきたいと考えております。

上記の療法と鍼や整体を組み合わせる事で、より高い効果を引き出してまいります!

※近くモニター募集予定です。

吸角・カッピング療法 ※準備中